• 今日23/16
  • 明日20/14
文字サイズ

熱中症予防強化キャンペーン実施中

20/87

岐阜県岐阜市
記事本文を読み上げる

国は、4月~9月を「熱中症予防強化キャンペーン」期間として、熱中症予防の取り組みを進めています。熱中症は、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなることで生じます。屋外だけでなく、室内でも発症することがあります。特に、梅雨明けとなる7月は、体が暑さに慣れていないため、体温調節をうまくできず、熱中症になる人が急増します。また、マスクの着用により、皮膚から熱が逃げにくくなったり、気づかないうちに脱水症状に陥ったりするなど、熱中症のリスクが高くなります。体調の変化に気をつけ、熱中症を予防しましょう。
■主な症状
・めまい・立ちくらみ・手足のしびれ・筋肉のこむらがえり・気分が悪い・頭痛・吐き気・嘔吐・だるさ・体に力が入らない
・重症になると…呼びかけに対し返事がおかしい・意識がない・けいれん・からだが熱いなど

■予防方法
・こまめに水分補給:のどが渇いていなくても、1日に1.2ℓ程度(ペットボトル500ミリリットルを2.5本分)を目安に水分補給しましょう
・マスクを外す:屋外で人と十分な距離(2m以上)離れているときや会話をほとんどしないときは、マスクを外して休憩しましょう
・エアコン使用中もこまめに換気:一般的な家庭用エアコンでは換気ができないため、感染症対策のために、窓とドアなど2カ所以上をあけて換気しましょう。換気の際は、室内温度が高くなりやすいため、設定温度を下げるなどの調整をしましょう
・暑さを避ける:涼しい服装、日傘や帽子の使用、日陰や風通しのよい場所への移動などを心がけましょう

■高齢者や子どもは特に注意
熱中症患者のおよそ半数は65歳以上の高齢者です。高齢者は、暑さやのどの渇きを感じにくく、汗をかきにくいことなどから注意が必要です。子どもは、体温調節機能が未熟です。また、地面に近いほど気温は高いことから、大人が暑さを感じているとき、身長の低い子どもはさらに高温の環境にいることになります。ベビーカーに乗っているときなど、注意が必要です。

■熱中症が疑われるときは…
(1)風通しのよい日陰、エアコンの効いた室内など、涼しい場所へ避難。
(2)衣服をゆるめ、体から熱を逃がす。
(3)氷や冷たいペットボトルなどを太い血管のある首、脇の下、太ももの付け根にあてて冷やす。また、皮膚に水をかけて、うちわや扇風機などで扇ぐことで体を冷やす。
(4)水分・塩分を補給する。
※自力で水が飲めない、呼びかけや刺激に対し反応がおかしい、意識がない場合は、救急車を呼びましょう。

問合せ:
保健所健康増進課【電話】252-7193、
中保健センター【電話】252-0632、
南保健センター【電話】271-8010、
北保健センター【電話】232-7681

       

岐阜市から市民の皆さまへ大切な情報をお届けします。 広報プラス ーわたしの広報ぎふー

MENU