• 今日14/10
  • 明日17/10
文字サイズ

早産で生まれた子どもと家族への支援を

17/43

岐阜県岐阜市
記事本文を読み上げる

■11/17は「世界早産児デー」
岐阜市において、毎年10人に1人が2千500g未満の低出生体重児として生まれており、出生後のケア・支援を必要としています。
11月17日の「世界早産児デー」には、世界の多くの国や機関において、テーマカラーである「紫色」でランドマークとなる建築物のライトアップが行われます。市内でも、早産や未熟な状態で生まれた子どもと家族へエールを送り、小児周産期医療の重要性を知っていただくため、市庁舎を紫色にライトアップします。

問合せ:岐阜市世界早産児デーライトアッププロジェクト実行委員会(岐阜県総合医療センター新生児内科内)
【電話】246-1111

       

岐阜市から市民の皆さまへ大切な情報をお届けします。 広報プラス ーわたしの広報ぎふー

MENU