• 今日15/13
  • 明日21/13
文字サイズ

新型コロナウイルス感染症「岐阜市緊急事態宣言」

1/76

岐阜県岐阜市
記事本文を読み上げる

■こんな場面で感染しています!
※8月の市内感染者の行動歴から読み取れる感染のきっかけとなった行動事例
・友人と居酒屋、二次会でカラオケ
・友人5人とバーベキュー
・家族、親族10人以上で会食
・帰省した友人含む複数人で旅行
・友人夫婦と自宅で会話、その際マスクなし
・友人とマスクなしでカラオケ
・マスクなしの客で混雑する、県外のクラブを利用
・友人宅に複数人で宿泊を繰り返す
・職場の同僚と昼に外食
・職場の送別会に参加
・会社で同僚とマスクなしで、車で移動
・職場で一緒にタバコ
・友人とドライブ。その際マスクなし
・マスクなしの知り合いと10分間会話
・接待を伴う飲食店にマスクなしで滞在
・マスクなしで屋内スポーツ

■感染対策に隙が生まれれば、非常に感染力の強い変異株(デルタ株)では、すぐに感染してしまいます。
自らの、そして家族の「生命(いのち)を守る」ため、感染リスクの高い行動は、絶対にやめてください。

■基本的な感染防止対策
•マスクの着用
•手指衛生
•体調管理
•密回避

■人との接触を極力避ける取り組み
•県境をまたぐ旅行・レジャー、出張、家族の帰省の中止または延期
•必要な外出は、家族や普段行動を共にしている仲間と少人数で、混雑する場所、時間を避けて

■飲食の際の感染リスクの徹底回避
•外食に限らず、職場や学校でも食事中はマスクなしの会話は控え「黙食」を

■感染拡大を抑え込むために
岐阜県がまん延防止等重点措置区域に指定され、8月23日現在、岐阜市は、重点措置を実施すべき区域となっています。期間は、9月12日(日)までです。また、感染急増による危機的状況から、市独自の緊急事態を宣言し、人流を抑制するため、公共施設は原則休館・利用停止、市が実施するイベントや講座は原則中止または延期としています。
岐阜市保健所が公表する新規感染者数は、8月17日は101人と、これまで経験したことのない感染爆発の状況にあります。愛知県よりも人口10万人あたりの新規感染者数は多く、市中感染はすでに広がり、どこでも感染する可能性があると考えられます。感染者数の急増によって入院病床や宿泊療養施設がいっぱいになり、「救える生命(いのち)が救えない」事態に陥ります。感染拡大を何としても抑え込むため、一人一人の行動自制、自主的・ロックダウンをお願いします。オール岐阜市でこの難局を乗り切りましょう!
岐阜市長 柴橋

■新型コロナウイルス感染症の相談は…
○受診・相談センター(保健所感染症対策課)
【電話】252-0393
【FAX】252-0639
※平日の午前9時~午後5時

○受診・相談センター(休日・夜間窓口)
【電話】272-8860
※平日の午後5時~翌午前9時、土日祝日の終日

■新型コロナウイルスワクチン接種の相談は…
○岐阜市ワクチンコールセンター
【電話】252-0580
【FAX】252-0639
※毎日:午前8時45分~午後5時30分

       

岐阜市から市民の皆さまへ大切な情報をお届けします。 広報プラス ーわたしの広報ぎふー

MENU