• 今日28/18
  • 明日25/20
文字サイズ

ブロック塀の点検をしましょう!

13/60

岐阜県岐阜市
記事本文を読み上げる

正しく施工されていないブロック塀や老朽化したブロック塀は、地震時に倒壊して、通行人などに危害を及ぼすおそれがあるだけでなく、避難・救援活動の妨げになる可能性があります。チェックポイントを参考に、ブロック塀の点検をしましょう。なお、点検の結果、危険性が確認された場合には、付近通行者への速やかな注意表示や補修、撤去などの対応をお願いします。

《チェックポイント》
下記の項目でブロック塀を点検し、一つでも不適合があれば危険なので改善しましょう。不適合項目がある場合や分からない点は、建築士などの専門家に相談してください。
□1.塀は高すぎないか
・塀の高さは地盤から2.2m以下か
□2.塀の厚さは十分か
・塀の厚さは10cm以上か(塀の高さが2m超2.2m以下の場合は15cm以上)
□3.控え壁はあるか(塀の高さが1.2m超の場合)
・塀の長さ3.4m以下ごとに、塀の高さの1/5以上突出した控え壁があるか
□4.基礎があるか
・コンクリートの基礎があるか
□5.塀は健全か
・塀に傾き、ひび割れはないか
□6.塀に鉄筋は入っているか
<専門家に相談しましょう>
・塀の中に直径9mm以上の鉄筋が縦横とも80cm間隔以下で配筋されており、縦筋は壁頂部および基礎の横筋に、横筋は縦筋にそれぞれかぎ掛けされているか
・基礎の根入れ深さは30cm以上か(塀の高さが1.2m超の場合)
※上記点検に適合している塀であっても、補助要件を満たしていれば、撤去する費用の一部を補助します。詳しくはお問い合わせください。

問合せ:建築指導課(新庁舎17階・【電話】265-3904)

       

岐阜市から市民の皆さまへ大切な情報をお届けします。 広報プラス ーわたしの広報ぎふー

MENU