• 今日28/18
  • 明日25/20
文字サイズ

前岐阜市長 故 細江茂光氏が名誉市民に

19/61

岐阜県岐阜市
記事本文を読み上げる

故細江茂光氏は、平成14年2月25日に岐阜市長に就任して以来、4期16年間の長きにわたり、高邁な政治信念と民間企業で培った経営感覚を持って、市政の発展と市民生活の向上に尽力されました。
この間、「事前の一策は事後の百策に勝る」を座右の銘として掲げ、常に時代の潮流を捉えながら、幅広い分野で今日の岐阜市発展の基礎を築かれました。
特に、「人こそが最大の資源」との理念に基づき、「教育立市」を標榜し、小学校における英語の教科化をはじめ、ICT教育、岐阜市型コミュニティ・スクールなど、時代を先取りした先駆的な取り組みに積極果敢に挑戦されました。
さらに、岐阜市子ども・若者総合支援センター「エールぎふ」を開設し、子ども・若者のあらゆる相談に対応できる体制を整備されるとともに、知・絆・文化の拠点として、連日、多くの方に利用されている「みんなの森ぎふメディアコスモス」を開館するなど、教育・子育て環境の充実に大きな功績を残されました。
一方で、市営バス・保育所の民営化、職員定数・給与の適正化など不断の行財政改革を推進し、健全な財政基盤の構築に努められました。
このほか、JR岐阜駅北口駅前広場整備や市街地再開発事業、新庁舎建設等の都市基盤整備のほか、柳津町との合併や連携中枢都市圏の形成などにも尽力されました。
以上のような功績をたたえ、3月25日、市議会の同意を得て、故細江茂光氏を岐阜市名誉市民に推挙しました。

秘書課
【電話】214-6310

       

岐阜市から市民の皆さまへ大切な情報をお届けします。 広報プラス ーわたしの広報ぎふー

MENU